さまざまな略語を勉強しました

勉強をしました。ACは、公共広告機構の略語です。AIは人工知能の略語です。ATMは現金自動預け払い機のことです。BISは国際決済機構です。CATVはケーブルテレビのことです。CGはコンピューターグラフィックスといいます。CMは宣伝文句の略語です。CSは通信衛です。DSはディスカウントストアです。EUは欧州連合のことです。FRBはアメリカ連邦準備制度理事会のことです。GDPは国内総生産のことです。HAはホームオートメーションの略語です。ICは集積回路のことです。IEAは国際エネルギー機関といいます。ILOは、国際労働機関といいます。IMFは国際通貨基金といいます。IQは知能指数のことです。ISOは国際標準化機構といいます。JASは日本農林規格といいます。JETROは日本貿易復興機構といいます。JICAは、国際協力機構です。JISは日本工業規格のことです。LANは施設内情報通信網のことをいいます。イクモア

割印などについて勉強しました

勉強をしました。代表者印は会社の本店所在地の登記所に登録されている会社代表者の正式な印鑑のことです。各種契約書に用いられます。封印は重要な書類が入った封筒の封をしたところに印を押すことです。捨印は契約書などを作成する場合、書類の欄外に訂正印に代えてあらかじめ押された印です。この印があれば、相手に断ることなく書類内容を訂正できます。訂正印は契約書などの文章を訂正する場合に訂正箇所に押す印です。二重線を引き、訂正する文字数と追加する文字数を記載し、押印します。契印は契約書が数ページにわたる場合、同一文書であることを示すためにその綴り目やつなぎ目に印を押して、連続していることを確定する印のことです。割印は同じ文書が2通以上ある場合、それらが同一のものであることを証明するために両書類に印がかかるように押す印のことです。消印は収入印紙などが使用済みであることを示すために、印紙と台紙にまたがって押す印です。ルルシア

社内文書などを勉強しました

勉強をしました。ビジネス文書には、社内文書と社外文書と社交文書があります。なかでも社内文書は、一定の決まりごとにしたがって簡潔に書くのがポイントです。社内文書をはじめとするビジネス文書は、誰が読んでもわかりやすいように作成する文書の目的や趣旨に合わせ、定型的に形式を決めて作成します。報告書は調査や業務の結果などについて記述した文書です。連絡文書は業務の必要事項や事務の手順などを案内・通知・依頼する文書です。提案書は会議の議案・企画などを提案する文書です。議事録は会議の結果・経過を記録した文書です。趣意書は会の目的や活動内容、考え方を述べた文書です。稟議書は作成した案を関係者や上司に回して、決裁を受けるための文書です。上申書は部下が上司に意見などを述べる文書です。通達文は上層部が決定した指示や命令を、関係する社員に伝える文書です。社外文書は取引先やお客様に出す文書で時候のあいさつや敬語など礼儀を重視することが大切です。ビューティーオープナーから新発売されました

お詫びのしるし

今朝はのんびりなスタートでした。9時に起きて遅めの朝ごはん。我が子は私よりも早起きで一人遊びをしてくれていたので助かりました。すっかりお腹をすかせた様子だったので多めにご飯を食べさせました。朝の家事を一通り済ませるともうお昼。ランチは母と待ち合わせをしてスーパーで買い物をしてお弁当を我が家で食べることにしました。お昼ご飯を終えたらお昼寝してくれるかなと思っていましたが、我が子はお昼寝せず。仕方がないのでお散歩に出かけることにしました。お散歩に出かけるといつも行く我が家から一番近い公園で滑り台に夢中。あっという間に一時間くらい過ぎ、さぁ帰ろうかと思うと我が子はまだ遊び足りない様子。しばらくベビーカーでお散歩することに。我が子が指差す方向へと進んでいくと違う公園に到着。我が子は公園への道順を覚えていたのか。子どもの記憶力ってすごいなぁと感動しましたが、おそらくたまたまあたったのかな。まさか公園を2ヶ所も寄るなんて思っていませんでしたが、朝起きてくるのが遅かったお詫びの印ということで。明日のお散歩はどうなるかな。http://www.usabda-norcal.org/

テレビ番組を見たりしました

19時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。ゲームをする番組でした。さまざまな種類のゲームがありました。ゲストも出ていました。いろいろなお話も聞けて良かったです。そして、勉強をしました。1947年に過度経済力集中排除法を公布して巨大独占企業の分割をすすめ、また独占禁止法を出して将来にわたって独占を行えないようにしました。寄生地主制の解体は農地改革を通して行われました。新しく自作農創設特別措置法を定めて第二次改革が行われました。雇用関係の民主化も重要な課題でした。GHQは労働組合の育成に力を入れ、まず1945年に労働組合法が公布され労働者の団結権・団体交渉権・団体行動権が保障されました。労働組合は、ぞくぞくと結成されました。1946年には労働関係調整法、翌年の1947年には労働基準法が公布され、これによりいわゆる労働三法ができあがりました。また、この年政府は労働保護行政にあたる労働省を新設しました。教育制度の民主化もすすめられました。アビエルタアイクリーム

今日はぽかぽかしていて、旧月のようすだ。

いつもながら何もすることがなく、日に日に変わる気候の様子を見たり、天気はいいが、明日からまた雨だとか、古いつきのことを考えていて、まだそんなところかといったことで何かの幸いにでもならないかと、ふとしたことがあった。占いということはよくあるが、福占いというと、占いによって服を招く。人それぞれ快適にしているということで、なにもない日常にある、ふとしたことが違いがあるなと、ただ単にどんな服を着るかということを、ただの楽しみではないなにかのことのように思う。旧月だと、こんな時期、服もべつだなと。福ひとつ選ぶのに、服からして違うもの着たらいいかと思って、色合い、筋違いとか、体の線にあったものを選ぶとしたらどんな服装があるかを選んでみて、使いたいものがあったか、以前かったものには、そうした感覚、神経をつかって選んだものがあったな。じゃあ、今日はこれで選んでみようとかいって、服をとっていた。そうしたところが気候とは違う風景だった。ビセラの口コミはこちら

アフリカなどを勉強しました

勉強をしました。アフリカでは、1970年代以降もアンゴラ内戦・ルワンダ内戦など領土紛争や部族間紛争などが相次ぎました。また、こうした戦乱に加えて干ばつなどの自然災害や疫病の流行もあって、多くの難民が飢餓に苦しみました。南アフリカでは、長年きびしい人種隔離(アパルトヘイト)政策が続けられてきましたが、1989年に大統領に就任したデクラークは、1991年にこの政策を撤廃することを宣言しました。1994年には総選挙がおこなわれ、アフリカ民族会議が勝利し黒人指導者のマンデラが大統領に選ばれ、白人閣僚をふくめた国民統合政府が組織されました。ラテンアメリカでは、アメリカをはじめとする外国からの投資や融資にたよって経済発展がすすめられてきました。このため、1980年代になると累積債務がふくらみ、インフレーションに悩む国が多くなりました。一方、長年軍事政権が続いてきたブラジル・アルゼンチン・ペルー・チリなどでは民政に移るようになり、ペルーでは1990年に日系2世のフジモリ大統領が誕生しました。クリアネオ

今日は確定申告の書類を作成しました

今日は、平成三十年度分の確定申告の書類を作っていました。とは言っても去年中の間にかかった医療費を申告するために色々なレシートをとっておいたのでそれをまとめていったという感じです。結構沢山レシートが出てきて、その度にああ、こんなことがあったななんて感慨深くなりました。結局そこまでお金は戻ってきそうにないですがそれでも少しでも手元に戻ってくるのであればとても良いことですよね。みなさんは確定申告していますか?特にふるさと納税などをしている方はしなければなりませんよね元が取れなくなりますからね。私はと言いますと今回子供の出産もあったのでその医療費が主な支出となっていました。タクシー代などもきちんと申請すればかえってくるようなのでキチンとレシートは取っておきましたよ。上京してきてからタクシーを使う事がとても多くなってしまったのでこれはきちんとレシートをとっておかなければと思っています。皆さんも万が一のためにレシートは取っておくと良いと思いますよ。http://www.gcifilmfest.com

ぼーっと過ごせた1日

今日はあまり天気が良くなく外に出る予定もなかったので、1日中ゆったりと家で過ごすようにしました。普段バタバタとした生活を送っているので、3食食べた後ゆっくりとお茶をするようにしました。数日前に少し遅れてしまったバレンタインデーとしてパウンドケーキを作っていたので、自分用に取っておいたパウンドケーキを食べながらマッサージ気にかかりました。掃除機をかけたり、洗濯物干してたたんだり、食事を作ったりと最低限の家事を済ませましたが、とてもゆったりとした1日を過ごすことができました。普段あまり見ないテレビ番組もゆったりと見れてとても有意義な1日を過ごせました。たまには1時間を持て余すようなこんな1日があってもいいなと感じる日でした。いつもぼーっとして過ごしてしまう日を無駄だと思う気持ちがありましたが普段考えられないことまで目を向けられてとても良かったと思います。日ごろからこんなに気をたまに作りたいなと感じました。いぶきの実

がんばれ両親スマホデビュー

今日は60歳以上の両親がついにスマートフォンデビューした。今までガラケーを使っており、機械に疎い両親が本当に大丈夫なのかな、使いこなせるのかなという不安があったけど、二人とも新しいおもちゃに超ノリノリ。通信会社の人がわざわざスマホの使い方を説明に家にやってきてくれて、老人二人に一生懸命丁寧に教えてくれる。まずは「タップ」と「フリック入力」のやり方から。横で聞いていると「タップぐらいわかるだろう…」と思っていたけど、まさかのまさかでタップができない母にびっくり。「爪でやるより指の腹で押すといいですよ」と優しく教えてくれる担当の方、ありがとうございます。私が親にパソコンを教える時はついイライラしてしまうけど、こうやって真面目に高齢者に教えてくれる若い専門家の方がいると嬉しいことだな。ひとつの介護の形の一つかもしれないと思った。両親はスマホを手にしてこれから難しいことがいっぱいで勉強の毎日だろうけど、なんだか嬉しそうな顔を見て「よかったな」と思うのでありました。http://www.tiempometeorologico.net/