家路などの意味を勉強した

勉強をしました。家言とは自分の家からの便りのことです。家桜とは人家の庭などに植えてある桜のことです。家ざまとは自分の家の方角のことです。言えせこそとは、おっしゃるからこそという意味です。家建ちとは家の構えのことです。家路とは家へ向かう道、わが家へ帰る道という意味です。家着くとは自分の家に近くなることです。家造りとは家のつくりかたのことです。家苞とは家への土産のことです。家刀自とは主婦という意味です。家の子とはその家に生まれた子、同門の家の子という意味です。家の賞とは自邸を皇居に献上したための褒美のことです。家群とは人家が多く集まっているところのことです。家持ちとは江戸時代、自分の所有地・家屋に住む住人のことです。家居とは家をつくって住むこと、家にいること、住まいという意味です。五百枝とは多くの枝という意味です。鋳仏とは金属で鋳造した仏像のことです。五百機衣とは、たなばた姫が数多くの機で織ったという衣のことです。男性のワキガならこれ