駅伝などについて勉強しました

勉強をしました。役とは人民を公用の労役などに使うことです。駅伝とは古代の交通制度の一つです。依怙とは頼りとすることです。枝扇とは扇の代用とする葉が付いた木の枝のことです。得道具とはもっとも得意とする武器のことです。得手とはもっとも得意とすること、あることに巧みなことです。得手物とは得意なこと、例の物という意味です。江戸商いとは江戸で商売することです。江戸桜とは桜の一種です。江戸に多いことからいいます。江戸状とは江戸の商店、または支店からの商用の手紙のことです。江戸染めとは江戸で染めた布のことです。江戸船とは江戸へ荷物を送る大形の貨物船のことです。江戸町奉行とは江戸幕府の職名のことです。江戸前とは江戸のすぐ前の海、今の東京湾内奥の海、またそこでとれる新鮮な魚、江戸の流儀、江戸風という意味です。江戸紫とは染め色の名のことです。藍色の勝った紫色です。江戸者とは江戸生まれの人、江戸っ子という意味です。http://www.sculptureart-ardeche.nl

平成最後の記念撮影

平成も今日で終わりだったので飼い猫とツーショット写真をたくさん撮影しました。猫と一緒にカメラ目線になるように自撮りをするのはなかなか大変でしたが、頑張った結果いい写真が撮れました。なぜこのようなことをしたかと言うと、昼間に友人からペットと自撮り写真が平成最後の記念撮影として送られてきたからです。今日で平成最後の日なのに、可愛いペットと写真を残さないなんて有り得ないなと私も感じスッピンでしたが撮影しまくりました。他にも仕事に必要なことの勉強をしたり、最近はまっている宅トレをしたり。腹筋もスクワットも初めよりどんどんこなせる回数が増えてきて達成感があります。他にも平成最後の日だから大掃除をしたり。ケミカルな洗剤よりもナチュラルなもので掃除をしたい私は重曹とクエン酸を活用しています。重曹を溶かしたお水を沸騰させてコンロの掃除をしました。重曹水は五徳の焦げによく効くので、とても綺麗になりました。家から一歩も出ませんでしたが、充実した1日となりました。http://www.sportlagune.nl

家路などの意味を勉強した

勉強をしました。家言とは自分の家からの便りのことです。家桜とは人家の庭などに植えてある桜のことです。家ざまとは自分の家の方角のことです。言えせこそとは、おっしゃるからこそという意味です。家建ちとは家の構えのことです。家路とは家へ向かう道、わが家へ帰る道という意味です。家着くとは自分の家に近くなることです。家造りとは家のつくりかたのことです。家苞とは家への土産のことです。家刀自とは主婦という意味です。家の子とはその家に生まれた子、同門の家の子という意味です。家の賞とは自邸を皇居に献上したための褒美のことです。家群とは人家が多く集まっているところのことです。家持ちとは江戸時代、自分の所有地・家屋に住む住人のことです。家居とは家をつくって住むこと、家にいること、住まいという意味です。五百枝とは多くの枝という意味です。鋳仏とは金属で鋳造した仏像のことです。五百機衣とは、たなばた姫が数多くの機で織ったという衣のことです。男性のワキガならこれ

草取りをしてすっきり

世の中は大型連休となり、あちこちで渋滞が例年よりは穏やかと言われ、出かけるのにはいいお休みになるのかなと感じていました。でも私は連休中は自営業をしっかり行いたいと思い、頑張るぞと気合を入れました。庭を眺めると忙しさに怠けていたためか、雨やいつもより暑い気温にかこつけていたためか、あまりにも伸びている草にびっくりしました。仕事をする前にこの草ではお客様がびっくりしてしまわれると思い朝から草取りに挑戦しました。毎年のこととはいえ草は気温や雨でどんどんと伸びていきます。1㎝くらいだからもう少ししてから取ろうと考えていると次には10㎝ほどになっていて慌てさせられます。まずは、道路脇のアスファルトからニョキニョキと出ている草から取り始め少しづつ庭の中へ移動しました。草が山盛りになっていく様は草取りをしてきたぞと感じ嬉しいものです。でも、鳥や風が運んでくるのか今までは自宅の庭で見たことのない草が増えていたりして驚きの発見も多々あります。草を引っ張ってとたんにパチンと音がして種が飛ぶ草がありました。草たちも様々な子孫繁栄に努力しているのかと教えられました。土の近くに屈んで草取りをすることは気分転換にもなり土から栄養を頂いた気持ちになりました。リクロンブラック

ゴールデンウィークお婆ちゃん孝行

今日は、甥っ子が剣道の試合があり、姉夫婦や甥っ子、父、母が試合の応援にいっています。剣道部は、弱小ながら「頑張って県大会に行こうね。」と、一致団結して頑張っています。認知症のお婆ちゃんがいるので、私が留守番とお婆ちゃんのおもりを頼まれました。お婆ちゃんは、話しかけると話してくれるし、笑ってくれるし、同じことを何回も話すけど、いつも一緒に入れないし、祖父が亡くなったときは、本当に辛そうで、見ていてかわいそうになってしまいました。ずっと農家を一本でやって来て、たくさん苦労して、小さいときはお婆ちゃんに怒られると怖かったし、近寄りがたかったなって思ってて、大人になってからは友達とかと遊ぶことに夢中になって話す機会も減っちゃったりしてたけど、結婚して実家を離れて、お婆ちゃんと話す機会も減っちゃったけどこうして一緒に過ごせる時間を大切にしていきたいなと思います。時間は限られてるし、私もなかなか帰ってこれないし、お婆ちゃんが忘れちゃっても過ごす時間は私が覚えてるから、いい思い出に今日を楽しんでいます。カミカシャンプーの口コミ